地域猫活動とは?

地域猫とは

地域猫とは、野生で暮らす野良猫ではなく、家で人に飼われる家猫でもなく、地域の人々の理解・協力を得て管理されている猫のことです。

地域猫活動とは、そのような地域猫たちの管理を行う活動です。
全国的な団体はありませんが、私たちの他にも、様々な地域の人々が、それぞれの地域の猫たちを管理しています。

また、地域住民の方のご理解を得るために、地域の猫は、世話ではなく「管理」するという形をとっています。
つまり、単に餌をあげて可愛がるだけではなく、地域猫には去勢手術を受けさせてこれ以上繁殖することを防いだり、猫の健康チェックなどを行ったりしています。

わせねこでは、野良猫の被害(騒音、衛生上の問題等)を減らすために、

  • T (Trap:捕獲)
  • N (Neuter:去勢、避妊)
  • R (Release:解放)

を地域に住む猫に行った上で、地域猫として管理し、地域の環境保全に努めています。

地域猫活動の最終的な目標は、その地域の猫を殺処分なしに0にすることです。避妊・去勢によってこれ以上繁殖しないから、今生きている猫達は天寿を全うさせてあげてほしい。殺処分でも野放しでもない、第3の道が地域猫活動です。

毎日の餌やり

空腹の猫が各所を荒らしたり、餓死してしまわないように、毎日決まった時間に餌やりをします。

場所と時間を決めることで猫も同じ時間・同じ場所に現れてくれるため、健康管理やテリトリーの管理がしやすくなるのです!

わせねこでは餌をお皿に入れておいて好きな時に食べさせる「置き餌」は行っていません。猫同士の伝染病や、カラスなどその他の動物が寄ってくるのを防ぐためです。

不妊・去勢手術

施術された猫はその証として耳にカットを入れます(地域猫の証!)。

オスは右耳、メスは左耳(写真の寧々はメス)。

健康管理

異常のある猫はすぐに獣医さんに診てもらいます。必要に応じて伝染病の予防接種なども行います。

ふん・尿の処理

衛生上の問題を防ぎ、地域の環境保全に努めます。