“定例会”2011年1月

こんばんは。
副幹事長のワキモトです。
テストもピークを迎えんとしている1月29日(土)、「早稲田大学地域猫の会」の定例会が行われ、
試験期間中にもかかわらず、多くの会員が参加してくれました。
主な内容は、
●早稲田大学新入生に対する新歓活動プラン
●入試期間中の餌やり
でした。
このうち、【入試期間中の餌やり】について少々↓
★大学が入試期間となる2月は、原則として関係者以外の構内立ち入りが禁止されますが、
例年、わせねこは事務局より特別の許可を得て、この期間中にも餌やり活動を行ってきました。
し か し 、本年から事務局の方針変更により、これら入試期間中の活動が大幅に制限されることとなってしまったのです。
事務局の方も力を尽くして下さいましたが、納得のいく形での調整は難しいものとなりました。
この制限のもとでは4,5日に1回ほどしか構内での活動ができず、猫の栄養状態・健康状態等の管理に支障をきたしかねませんが、「所与の条件のもとでどれだけ活動できるか」という問題はボランティア活動には付き物であり、そこでこそ『人的資源』の真価が問われるのではないでしょうか。
私たちはみんなで知恵を絞り、この問題の解決策を考えていきます。
SH380410.jpg
▲早稲田の住宅街で日向ぼっこする猫
SH380409.jpg
▲キジ中(3号館前)